実際どうなの?婚約指輪の値段の相場は?

給料の3ヶ月分というフレーズ

婚約指輪といえば、給料の3ヶ月分というフレーズが浮かぶ人も多いでしょう。
この給料の3ヶ月分というのは、バブルの時代にダイヤモンドを販売する会社が作ったコピーで、必ずしもその通りにしなければいけないという訳ではありません。勿論、バブルの頃も、現在も、このフレーズ通りの婚約指輪を贈る人はいます。ただ、全員が給料の3ヶ月分の指輪を贈っているかといえばそうではなく、現在の相場は30万円前後となっています。
ですから、平均的な婚約指輪を贈りたいと考えるのであれば、30万円前後を考えておくと良いでしょう。ただ、女性の中には、値段にこだわらない人もいれば、給料の3ヶ月分の指輪に憧れを持っている人もいる為、本当に喜んで貰える指輪を贈りたいなら、事前のリサーチも必要です。

年代によっても変わる相場

婚約指輪の相場は、年代によっても変わります。
20代前半の場合は、まだ給料が少ない事も多い為、20万円程度の指輪が相場となります。20代後半から30代の場合、30万円前後が相場です。
現在は、晩婚化の時代で40代以降で結婚をする人も多くいます。結婚をする人数自体は大幅に減る事になりますが、40代になると年収が高い人も増える為、40万円前後が相場となってきます。
そして、年齢が上がる程に、その相場は上がっていきます。
ですから、相場の婚約指輪を贈りたいと考えるのであれば、現在の年齢の相場についても考えておく方が良いでしょう。更に、同じ年代でも年収は人によって様々の為、現在の年収や今後の事を考え、無理のない価格の婚約指輪を選ぶ事がおすすめです。

© Copyright Rings Decide Together. All Rights Reserved.